edge water maui

(c) Nobuhiko Ito

  • 都内、西池袋に計画された共同住宅です。
    ここでもkoti higashinakano と同じく、バルコニーの可能性を考えました。
    共同住宅のバルコニーは、単に給湯器やエアコン室外機などを置く場所、または、洗濯物を干す場所として扱われることが多いことに疑問を持っていました。バルコニーは住戸の外側と内側につなぐ、大切な場所なので、もっとデリケートに扱うべきだと考えます。この建物では穴あきブロックの壁を、バルコニーにランダムに配置しました。穴あきブロックの壁は、道路側からは設備の存在を隠し、プライバシーを緩やかに確保しつつ、住戸内にはそよ風と木漏れ日のような柔らかい光を導いてくれます。また、夜になれば、日中とは反対に、住戸内から穴あきブロックを通して、行燈のような優しい光が道路側にこぼれ出します。